アトピー悪化!原因はストレス?食事?

よい職場に出会えたのも束の間、今度はアトピー性皮膚炎が再発してしまいました。そのときのことをまとめました(^^)

↓職探しのときのことはこちらで読めます。

【過敏性腸症候群(下痢型)】職探しはどうする?私の経験をまとめました。

アトピー性皮膚炎は腸の症状

アトピーは肌に湿疹やかゆみが出る症状のことです。皮膚の症状ではありますが、同時に腸の症状でもあります。

アトピーはアレルギーのひとつ。乳酸菌サプリなどでも、「飲むことでアトピー改善に役立つ」と書いてあるものは多いです。腸内環境が悪化するとアトピーも悪化することが多く、腸との関連は大いにあるようです。

私は小さいころからアトピーを患っていて、体調などで良くなったり悪くなったりを繰り返していました。もともと腸が弱かったんでしょうね。

大人になってからはほとんど症状は出ていなかったのですが、職場を変わったことでまた症状が出始めてしまいました。今回の記事ではそのときのことをまとめました(^^)

職場のストレス?

焼肉レストランに就職してしばらくして、身体中にかゆみが出始めました。お尻や股間、背中や腕の内側が主でした。お尻などは仕事中にかきにくく、あまりのかゆさにトイレに駆け込んでかきむしったこともありました。

最後にアトピーが出ていたのは高校生のころだったので、再発に自分自身びっくり。原因はなにかと考えました。

腸内環境の悪化の原因のひとつに「ストレス」が挙げられます。しかし前回の記事でも書いた通り、とってもよい雰囲気の職場。私の【過敏性腸症候群】も理解してくれて、いつでもトイレに行ける環境でした。

忙しい職場で、けして楽な仕事内容ではなかったのですが、仕事自体の精神的ストレスはほとんどありませんでした。なので、原因はストレス以外なのかな?と思っていました。

原因は食事?

しばらく考えて思い当たったことがひとつありました。「食事」です。

焼肉レストランでは無料でまかないが食べられたのですが、その食事内容がおそらく腸にすっごく悪かったのでは?と思いました。

焼肉レストランなので、当然肉が中心になります。さらに毎日揚げ物がセットでついてきます。コロッケとか、から揚げとか。

若い人なら「毎日こんな豪勢な食事が無料!」と大喜びするでしょうが、腸の弱い私にはまさに毒のようなもの。

まかないを食べ始めて半月ほどで症状が始まったので、おそらくこの毎日の食事が悪かったんだと思います。今思うと、当時の便の臭いもきついものでした。

毎日の食事ってとっても重要。無料のまかないが最初はとてもうれしかったのですが、体に合わないと感じ、弁当を持参するようになりました。

それでも一度悪化したアトピーはなかなか良くならず、実に数年続くことになりました(ToT) 現在でも体調が悪化すると出ることもあります。

 

まとめ

急にアトピー性皮膚炎が悪化したと感じる人は、まず食生活を見直してみましょう。私のように肉が中心になっていないか、揚げ物をしょっちゅう食べていないかなど。

友人の話ですが、大学を機に一人暮らしを始めた途端、アトピーが悪化したそうです。そのときの食事内容を聞いてみると、自炊が面倒でカップラーメンやパン、コンビニ弁当などを主に食べていたそうです。そのときは下痢もひどく体調も悪かったそう。

アトピーが出るということは、きっと腸がSOSを出しているんだと思います。そのSOSを無視せず、きちんと対処していくことで体調もきっとよくなりますよ(^^)

食生活の改善はじっくり長期間取り組むことが大事なので、根気のいることです。私も実際に数年かけて食生活を見直して、アトピーや過敏性腸症候群を改善させてきました。

重要なのは毎日良いものをコツコツと食べ続けること。良いものを食べると食費もかかりますが、極端な話、食費を節約して早死にするのなんてバカみたいですよね。

体は食べたものでできています。毎日の食事、ぜひ見直してみてくださいね!

おかむ〜でした♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です